So-net無料ブログ作成

体長7センチ!度胸試し? 90種を一堂に「ゴキブリ展」(産経新聞)

 嫌われものの代表格、ゴキブリが主役の企画展が、兵庫県伊丹市昆陽池の市昆虫館で開かれている。世界各地に生息する約20種の生きたゴキブリと約70種の標本、化石を紹介。“害虫”の汚名返上にひと役買っている。

 殺虫剤メーカーや神戸大農学部などが協力。体長5センチの国内最大のヤエヤママダラゴキブリ(沖縄・石垣島)やペットにもなる体長7センチのマダガスカルオオゴキブリ(マダガスカル島)などを飼育ケースで展示している。

 約30グラムと世界一重いヨロイモグラゴキブリ(オーストラリア)やダンゴムシのように丸くなるヒメマルゴキブリ(沖縄)などは標本で紹介。朽ち木の中で生息するヤエヤマオオゴキブリ(石垣島)は実際に手にとって観察できる。

 見学した児童の「悪いやつ扱いされてかわいそう」といった感想も会場に張り出されている。4月5日まで、火曜休館。問い合わせは同館((電)072・785・3582)。

【関連記事】
なぜ真冬に刺す蚊がいるの? 産卵期の雌だけじゃ…
「気持ち悪い」固定観念崩す 児童書『虫はごちそう!』
「ゴキブリや蚊が寄ってこない」着信音 ドワンゴが配信
【橋下日記】(4日)「尊敬する虫はゴキブリ」
害虫ウンカに吸われると…イネの抵抗力アップ

朝鮮学校の授業料無償化 公明・山口代表「除外すべきではない」 (産経新聞)
強盗致傷を窃盗と傷害=適用罪名変更、裁判員判決−さいたま地裁(時事通信)
<防水携帯電話>水害で無線機水没を受け購入(毎日新聞)
複数強盗殺人で初の求刑は無期 「同情の余地、遺族も求めてない」 裁判員 鳥取地裁(産経新聞)
ひき逃げ容疑で会社員を逮捕 東京・東大和(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。